H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~

2006年発売、枕処女作です。

これ知ったのは、随分と前のこと。
アニメ放映で知りました。

それから、かなりの年月が経ち・・・
大半の内容、忘れてしまいました。
覚えているのは、ゆいにゃんと未亜さんが出てるというくらい。


9年も前の作品だし、枕やったことないし。
正直、期待はほとんど無し。
キャラ絵だって、そこまで好みってわけじゃないし。

あ、いつも通りですがネタバレ全開です。
かなり重要なとこも、バッチリ触れちゃいますので。


1周目は、選択肢無しではやみルート確定。
主人公は目が見えなくて、はやみがいじめられてる。
そうそう、そんな内容だった。

周りからなんと言われようとも、はやみと仲良くすることを諦めず。
はやみを、なんとしても見つけないといけない状況になり。
ここで、ついに主人公の真の力が!
って、目が見えるようになるだけですが。

目が見えるようになったから、都会へ戻ることになる主人公。
またこの丘で会う、その約束を胸に二人は別れ・・・
あれ?告白とかも無いの??

数年後、戻ってきた主人公。
はやみと偶然出会うものの、他人同士の会話が続き。
ようやく、はやみが気付いた。
主人公の方は、なんとなく分かってたみたいだけど。

晴れて再会した二人は、もう恋人同然な雰囲気。
しかし、主人公の立場を考え身を引こうとするはやみ。
楽しい思い出と共に、人生の幕を降ろそうと・・・

そこへ、颯爽と駆けつける主人公。
そうでなくちゃ!

都会へ出て、二人仲良く暮らしました。
ん?これで終わりですか??
ま~た、短いですな~。

お?
アフターストーリー的なのに繋がった。
これはもう、このまま見るしかないでしょう。
とはいえ、Hシーン1~2回でサクっと終わるだろうけど。

都会で暮らす二人の前へ、突如ゆいが。
はやみを散々いじめた、あのゆいが!

最初の言動は、イイ男になった主人公へのアプローチ。
でも、何故かはやみに付きまとう日々。
あまつさえ、はやみの相談に乗ったりして。

いじめられていたから、どうしても不信感をぬぐえないはやみ。
しかし、ゆいははやみの扱いがうまいウマイ。
ずるずると引きずられて。

一度はやみがブチ切れてしまった時も。
主人公が、ゆいの本心を教えてくれて。
それからは、はやみはゆいを信じるようになり。
主人公とH出来てないことから、どうするかの対策を話し合う。

しかしゆいよ。
そこまでさらけ出すってのは、なかなか凄いぞ。
そして、研究を続ける中変な空気になっていって。

どうやら主人公が、本来入れる場所の裏側にある。
Aに興味があるらしいことが分かり。
はやみは、Aに入れることが可能か? という話に。

今まで、他の作品でそこに入れるってのはいくつかあったけど。
どれもこれも、キツイと言いつつもなんとか入れてたのが。
実は、前もって慣らしておかないと入らないという、ゆいの衝撃発言!?

どうやって慣らすのか、その具体的な部分もゆいがやってみせてくれ。
これ、とんでもなくマニアックな百合Hシーンなんですがががg

最後には、二人とも気持ち良くなってイってしまうという。
見てるこっちが、小っ恥ずかしいわ。

最終的に、はやみはメイド服と可愛らしい下着を手に入れ。
主人公とめでたくHが出来ましたっと。
別にはやみに飽きたとかでは、全然無かったわけだし。

そして、最後にゆいの一人シーン。
ゆいが、本当に好きだったのははやみで。
子供の頃いじめてたのも、好きな子にいじわるしたい的な心理で。

今だからこそ、見えてくる物があって。
ただの悪役だったゆいも、本当はいろいろ悩む女の子。
最後に、ゆいの意外な一面が見られて良かった。


ただのアフターかと思いきや、かなり深いお話でした。
長さもけっこうあったし。
第二部、みたいな感じ?


次にひなたルート。
新たに、分岐選択肢が出ました。

ひなたが過去に、親友だったはやみを裏切ったと聞かされ。
どうしても信じられず、問い詰める主人公。
話すつもりは無かったのに、打ち明けてしまうひなた。

簡単に言うと、昔死んでしまった双子の姉「ひなた」。
妹「ほたる」がその代役として、イイ子でなければいけなかった。
またはやみと仲良くしていると、村人達がはやみの家を襲ってしまう。
昔からずっと続いてきた、差別する側とされる側だから。

そのせいで、仲良くしたいと本心では思っていても。
またはやみが襲われるのは嫌だから、関わらないでいようとする。
そして、はやみに恨まれ憎まれるのが、自分の役目だと。
そうなれば、自分が何かドジをした時に、
少しでもはやみちゃんが笑ってくれるからと。
他に方法が無いからと・・

そう話しているのを、はやみが聞いてしまう。
お互いに、本当はまた仲良くしたくて。
だけど、いい子のひなたはそれが出来なくて。
「ほたるちゃんは、はやみちゃんと友達になりたい?」
主人公の後押しで、また二人は友達に。

順風満帆な日々、ってそううまくいくはずもなく。
ある日、主人公の叔父が何者かに襲われる。
その日は、何があっても戸を開けるなと言われるが。
夜ほたるが訪ねてきて、必死な声で開けてくれと。

ついに開けてしまう主人公。
胸騒ぎがすると言うほたると共に、はやみの家へ。
そこでは、村の代表だと言う若者3名が、はやみ宅を襲っていて。

なんとかしようとする主人公だが、目が見えなくては・・
その時、ほたるが飛び出してきて。
男達に、乱暴されそうになるほたる。
今こそ、覚醒の時!(チガウ

男達を撃退したものの、村の代表だったのは事実で。
翌日、村長の所へ出向き釈明をすることに。
「タダで帰れると思うな」という叔父の言葉にビクついてたが。

フタを開けてみると、何故か村長からお礼を言われる。
古いしきたりを変え、新たな風を呼び込んでくれたと。
村長の名前で、交友を認めると。
その裏には、主人公の実家「弘瀬家」が絡んでいた。

翌日学校に行くと、はやみに挨拶やら給食のお裾分けやらしてくれるクラスメイト達。
それを見て、感動する主人公。
しかし、そんなにうまく事が運ぶわけもなく。
本当は、弘瀬家の力が恐かっただけ。

こんなことを、望んだわけじゃない。
そういう主人公に、弘瀬の祖父が一喝。
確かに、ベストな方法では無いかもしれないが。
最悪の事態を避けるには、ああするしか無かったやもしれない。

そして、目が見えるようになった主人公は都会へ。
お別れの日の前日、ゆいの子分達が絡んできて。
はまじちゃんが、庇ってくれた。
翌朝、決着を付けるという話で。

翌朝、村を出る前にはまじちゃんの様子を見に行くと。
本来の男の格好で、髪の毛バッサリ切っちゃって。
子分達に立ち向かい、撃退する様は。
立派に男の子です。

そのまま、村を出ようとしたけど。
ほたるに追いつかれてしまい。
少しだけ、時間を割くことに。

これが最後だからと、告白するほたる。
切ないキス。
また戻ってくる、そう誓って。


数年後、戻ってきた主人公はバッタリほたると出会い。
主人公はまったく分かってないけど、ほたるは人目で分かり。
思わず抱きついてしまったり。

楽しい時間を過ごしたものの、夜二人ともそれぞれの祖父からキツく言われる。
その相手と、一緒になってはいけないと。

反発するも、「ならばおまえはいらない子だ」と言われ、
心が冷え切ってしまう主人公。
幼い頃の出来事が、トラウマのように心を縛ってしまい。

そんな時、主人公は思い出した。
幼い日、母親が自殺したと思っていた出来事。
しかし、本当は自分が死のうとして、それを助けた母が身代わりに・・
夜中、父親に電話をしてみる。
母にもらった命、自分はどうしたらいいのか?と。

すると、今まで大したことが出来ずすまない。
おまえは、自分の幸せのために生きろ!
そう言ってくれる父親。

自分の幸せ。
それは、ほたると共に歩む以外あり得ない!

すぐに行動に移し、ほたるの部屋までやってくる。
改めて告白をし、そこですぐH。

・・村長の家、大丈夫か??

翌日、駆け落ち同然でゆく二人の前に、大人達が立ちはだかる。
待ち伏せされたか!?と心構えるが。
弘瀬家にとって、主人公の代わりはいないということで。
ほたるを嫁として、歓迎するそうな。
村長も、孫娘をよろしくと言っていたとか。

めでたく、二人は結ばれました。


さて、これでアフターへ繋がります。
同居してる二人のとこへ、はやみがやってくる。
ほたるのことを、ちゃんど大事にしているか査察だと。

とか言いつつ、主人公に対する態度が酷すぎる。
ほたるを溺愛して、主人公をネチネチと攻撃。

その一方で、ゆいが主人公に接触。
タカピーなとこは相変わらずだが、どうやら目的がある模様。
傷つけられた兄の意趣返しに、主人公をこっぴどく振ってやろうと。
しかし、逆に優しくされてキュンとしてしまったり。
やっぱり、ゆいは憎みきれないとこあるな~。

ある晩、お酒の力を借りてほたるに迫るはやみ。
服を脱ぎ去って、胸を揉みしだくはやみ。
黙ってられるかと、行動する主人公。

ここで選択肢って、マジですか!!!?
「意地でもはやみに謝らせる」
「ほたるを愛する」

下が正解だろうが、あえて謝らせてみよう。
って、何興奮してはやみの中に入れちゃってるの!???
はやみ、普通に初めてだろうに。

全部終わってから、急に冷静になって。
外に出て、頭を冷やすことに。

そういや、ゆいが一方的に約束を口にしてたことを思い出す。
約束の時間から、もう12時間も過ぎていた。
待ってるわけない、無いけど・・・
気になったから、駅前まで来てみた。

そしたら、そこにゆいは居た・・・
頭にうっすら雪被って。
あ~~ もう、ゆい可愛いすぎだろ~~~

何が目的だったかをバラして、去って行くゆい。
自分の負けだと言って。
そして、ほたるが迎えに来てくれて。

はやみは、想いを諦めるためにわざといじわるなことをし。
主人公に嫌われるために、やって来ていたと。
そうと分かっていたから、ほたるははやみの好きにさせていた。
だから、自分が悪いんだと責める。

あ~~もう~
ほたるもはやみも、良い子すぎるって!
ほたるだけを愛して、これからもずっっと。


さて、これで残るは音羽ルート。

「時ノ音の精霊」と名乗っていて、実際に他の人には見えない。
果たして、この子の正体はいったい??

音羽と遊ぶ日々の中、海へ来た時のこと。
浅瀬にも関わらず、主人公は溺れてしまう。
音羽に介抱される中、母親の記憶を取り戻し
気付いたら・・・目が見えるようになってた。

・・え?
他の子と比べて、随分と早い展開ですね。
しかも、音羽全然ピンチじゃないし。

翌日、音羽がすっごく意識しちゃってて。
いつも通りの行動が出来ずにワタワタしてて。
かわいかった~。

目が見えるようになり、必然的に都会へ。
音羽の様子、まるで今生の別れのようで・・・


それからの主人公は、弘瀬の祖父の元たくさんがんばり。
苦しい日々の中、夕日の魔法を頼りにして。
でも、それを教えてくれた人が思い出せなくて。

稟との再会で、あの人と田舎の村で会ったのだと。
そう思い出すことが出来た。
だから、またあそこへ行く。

田舎の村で、偶然にも音羽と再会。
しかし、全然思い出せない。
音羽と一緒に、学校や中庭、小川のほとりを歩いて。
夕日の見える丘へ。

そこで、ようやく思い出すことが出来た。
隣にいるのが、時ノ音の精霊 音羽だと。

今でも、他の人には音羽の姿は見えないと言う。
「君は一体、何者なんだ?」

長い沈黙の後、ポツポツと語り出す。
出来損ないの精霊だと。
どうしても、はやみとほたるを仲直りさせたかった。
だって、自分が消えたせいだから。

音羽というのは、時ノ音の精霊の名前。
本当の名前は「神楽ひなた」
死んでしまった、ほたるの姉。

いや、うん。ビックリした。
アニメでは、ここまで描かなかった・・と思う。
よく覚えてないけど。

全部スッキリしたとこで、主人公からの告白。
子供の時から、お互いにずっと好きで。
思い出の夕日の丘で、体を重ねる二人。


でも、ひなたは結局は死んでしまった人で。
いつまでも、ここにはいられない。

月の光の中、世界に溶けるようにして。
ひなたはいなくなってしまった。

ひなたのいない世界、そこで生きる意味はあるのだろうか?
その絶望の中でも。
ひなたの想いは、ここにあるから。
生きていく。

最後に、年老いて生涯を振り返るようなシーン。
ひなたはいないけど、ずっと一緒だよ。


そして、アフターへ。
というより、アナザーストーリーとなっていますね。

街の骨董屋で、怪しいとしか言えない代物を見つける。
店長曰く、反魂の秘具だと。
つまり、死者を蘇らせるための道具だと。
見た目は、魔法のステッキらしいが。

主人公の「魔破離苦。魔破離多とか唱える」
「苦労カードを集める」に盛大に吹いたわ。

絶対に、そんなわけない。
そう思いつつも、もう一度でいいからひなたに会いたい。
そんな思いから、購入してしまう。

ちなみに、動作状況や電池内蔵の点など、
どう見てもおもちゃのステッキです。

アパートに帰ると、そこにはほたるとはやみが。
二人とも、あの村にはもういられなくて。
主人公を頼ってやってきたという事。

その日の夜。
僅かな期待を胸に、ステッキを振ってみる。
まさか、本当に蘇るハズも・・・

「?どうしたの?」
「いや、なんでもないさ」

普通に会話してるんじゃね~~~!!!

こうして蘇ったひなた(ただし、5日間限定)。
はやみ、ほたるを巻き込んでのドタバタ。
ここでしか見られない、ヒロイン3名のやり取りです。

魔法のステッキを所持してないといけない。
だからと言って、魔法少女服を持ってくるとは・・・
誰・の・趣・味・で・す・か!

一応、正妻位置はひなただけど。
はやみもほたるも、スキあらばとどんどんアタックしてくる。
それでも、二人の気持ちに気付かないアホもいるけど。

最後の夜、二人が寝ている横でHをするひなた。
大胆とか、そういうレベルじゃね~~

そして、時間が来て。
というか、もう5日と数時間経っちゃってるし。
3人に見送られ、ひなたはステッキのスイッチを切る。

さようなら、ひなた。
ありがとう・・・


あれ?
消えませんよ??

ひなたが、何か外れるってパカっと開いた。
その裏側には・・・
「当商品の有効期限は5日間」
「それを過ぎた場合、召喚者が生きている限りずっとこの世を彷徨う」
的なことが。

つまりですね。
主人公が生きてる間、ずっっとひなたはこの世にいるってことで。

喜ぶひなたと主人公。
はやみとほたるは、まだまだこれからと。
主人公争奪戦に身を投じるのでした。



骨董店店主、陳さんの言葉。

「死の世界」を「生の世界」見ることが出来る目。
それを、主人公は持っている。

「死の世界」を意識した時は、何も見えない状態になり。
「生の世界」を意識した時は、見える状態になる。

なるほど、それならばいろいろと説明がつく。
意識、つまり気持ちの面が強かったわけだ。



これにて、H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 終了です。
思った以上に、長かったです。

まず、一番に言いたいのは。
何故に、テキスト枠が全体なのですか???

テキストが出てくるのが、画面一杯なわけで。
そのせいで、キャラの立ち絵もCGもよく見えず。
差分変化で一瞬テキストが消え、またテキストが出てくるから。

・差分の違いが分かりづらい
・明るさと暗さが交互に来るから、目が痛い

ここまで読み進めるのが大変なの、他にないよ。
これが、最大にして唯一の欠点かな?


他の点は、どれも満足のいくレベル。
シナリオが短いかと思いきや、
アフター(ゲーム無いでは「ATO-GAME」)でしっかり補完。

女の子の描き方は、まあ9年前だし。
CGの枚数、けっこう多かった。
ヒロインだけでなく、はまじや稟、そしてゆいが8枚もあった!

Hシーンは13回。
ヒロイン3名で、はやみとゆいの絡み含む。
充分でしょう。


いやはや、ここまでの良作とは思いもしなかった。
これは、枕最新作もチェックしないと。

そう、あの話題作。
「サクラノ詩」ですよ。

あ~
10月物が厳しいんじゃ~~~


はやみ≧ほたる≧ゆい≧ひなた

けっこうな僅差です。



余談ですが。
H2Oというタイトル。
ひょっとして、はやみ・ひなた・おとは
の3人の頭文字から?

でも、本名だと はやみ・ほたる・ひなた で
H3 だね♪
スポンサーサイト
プロフィール

双竜

Author:双竜
オーガストとサガプラとminoriが好きなただのヲタ

榊原ゆいさんを、全力で応援中!!

ゲームの日記は、盛大にネタバレしてますのでご注意を

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
◇千*フロ合同キャンペーン 千*フロ合同キャンペーン開催中!

◇フローラル・フローラブ
フローラル・フローラブ応援中!

◇花咲ワークスプリング! 花咲ワークスプリング!応援中!

◇ソレヨリノ前奏詩 ソレヨリノ前奏詩

◇はるるみなもに! 【はるるみなもに!】情報ページ公開中!

◇星恋*ティンクル きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!

◇お家に帰るまでがましまろです ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』

◇お嬢様と憐れなこ執事 『おとれな』を応援中!

◇アキウソ -The only neat thing to do- アキウソ -The only neat thing to do-

◇枯れない世界と終わる花 枯れない世界と終わる花

◇サクラノ詩 【サクラノ詩】応援中!

◇恋×シンアイ彼女 Us:track『恋×シンアイ彼女』応援中です。

◇プライマルハーツ2 ま~まれぇど新作第10弾『プライマルハーツ2』

◇見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS 見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS 2016.5.27 First light!

◇見上げてごらん、夜空の星を 見上げてごらん、夜空の星を 2015.12.18 First light!

◇大図書館の羊飼い 『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

◇大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-
『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

◇妹のセイイキ feng9th2『妹のセイイキ』応援中です!

◇彼女のセイイキ feng9th『彼女のセイイキ』応援中です!

◇ピュア×コネクト ピュア×コネクト

◇恋がさくころ桜どき 恋がさくころ桜どき

◇桜舞う乙女のロンド 「桜舞う乙女のロンド」2013年11月29日発売予定

◇カルマルカ*サークル 「カルマルカ*サークル」応援中!

◇PRETTY×CATION 『PRETTY×CATION』を応援しています!

◇魔女こいにっき 「魔女こいにっき」応援中

◇キスアト 戯画「キスアト」応援中!

◇学☆王- It’s Heartful Days - 学☆王- It’s Heartful Days - 応援中!

◇学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!

◇ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana 『ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana』応援中です!

検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック