スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母性カノジョ -子宮 帰還編-

本当は、別のをやる予定だったのですが。
ちょっと、仲間内からネタバレがガンガン届いてて・・・
だったら、先にやってしまおうと。

これ、最初にタイトル見た時。
正直目を疑った。
・母性カノジョ ここまではいい。
・子宮帰還編  なにこれ??

子宮に戻るってことは。
幼児に戻り、母の子宮に戻る?
SF物?

そんなわけあるかーーー!!!

コンセプトを見て。
ああ、そういうことか。

母性 とか
バブみ とか
ママー とか

最近、どうにもよく分からない流れが起きていて。
それを酌んだ結果だと思うんだが。

・・・・・・

日本、大丈夫なのか?


製品情報を見る限り、ひたすらに甘やかされて。
H三昧な、いわゆる抜きゲーと思われ。
いつもなら、ふ~ん でスルーするんだけど。

原画が、おりょう先生なんだよ!
この人の絵柄、ホント好きなんだよ!!
プリティケだって、おりょう先生の絵で買ったようなもんだし。

ロープライスだし、ストーリーは無いものとして購入。
始めてみたら、1日もかからずに終わった。

結論
エロい!めっさエロい!!

以上


最初、美織とただの先輩後輩関係だったのに。
いきなりH始めてビックリしたけど。
付き合いだして、ひたすらに甘やかしてくれる美織。

会社内で、立場が非常に悪い主人公だが。
美織の助けを借りて、頑張って成果を上げる・・かと思いきや。
そのまま頑張り続けると、精神を病んでダメになってしまった・・

正解は、美織に甘えまくって心に余裕を持ち。
会社を辞めて、美織に完全に養ってもらい。
最終的に、再就職をして終わり。

たぶん、日本社会に対する風刺をきかせたのかと。
ブラック企業とか、パワハラとか。
表面化していない問題は、山のようにあるし。

頑張らなくていいよ。
甘えたっていいんだよ。

そういう、癒やしを求める人には良いゲームかと。


ただ。
主人公が、思春期に母親を亡くしているから。
無意識下で母親を求める、それはまあ分かる。
でも、大抵の人には母親はちゃんといるから。
「お母さんになってあげる」は、いまいちピンと来なかった。

また、どんなことをしても。
どんな変態的要求をしても。
全てを受け入れ、甘やかしてくれる美織だけど。
それって、あまりにも都合が良すぎる。

ゲームだから、そこはどうとでもなると言えばそれまでだけど。
あまりにも、現実と乖離している。
人間なんだから、嫌だと思うことや気持ちが乗らない時もあるはず。
そういう所で、お互いに歩み寄り譲り合い、尊重しあえる。
それが恋人だと思う。

母性カノジョは、そういうのを全部取っ払って。
ただただ、ひたすらに甘えさせてくれる彼女。
というコンセプトだろうね。


おりょう先生の描く、魅力的な女の子とのイチャラブ。
そこは充分に満たされた。
なので、それで良しとしましょう。

そういや、おりょう先生と言えばJKというイメージが強いから。
大人の女性ってのは、新鮮味があったな。


最後に、美織の声担当のそよかぜみらいさんについて。
どっかで名前見た記憶があったんだけど。
「となりに彼女のいる幸せ ~Two Farce~」の知彩役か!
まだ出演数は少ないけど、今後活躍してくれると嬉しい。
すごく良い声だった。

んで、担当したキャラ一覧を見ていたら気がついた。
みんな巨乳っ子で、一人を除いて全員B:90以上だった・・・・

RIDDLE JOKER

ゆずソフト最新作「RIDDLE JOKER」
本日終了しました。
3日開始、11日終了。
9日間走り抜けました。

いつもだと、もっとゆっくり進めるんですが。
ゆずソフトだと、いろいろな方面からネタバレが飛んでくるのが毎度のことで。
これまでに、いったい何回食らったことか・・・

なので、そうなる前にさっさと終わらせました。
(今回は、母性的なあっちのネタバレを食らってる気がするが)

ゆずは、見たくなくてもある程度情報が流れてきてしまい。
結果、メインヒロイン4人の声優ばれが・・・
しかし、沢さんにくすはらさん、そして遥さんとか。
すげ~有名どころ。
西園さんだけ、分からないな。

とりあえず、やってみよう。
この金髪の子、七海か。
主人公の妹(非血縁)なのか。
金髪で妹でくすはらさん声・・・
ヤバいかもしれん。

あやせの、お嬢様感バリバリ声を沢さんか。
合ってるのかな・・・?
と思ったら、地の性格が出たらめっちゃ合ってた。
うん、この感じ。沢さんが適任だわ。

遥さんは、最初違う感じに聞こえたけど。
ワタワタしたら、やっぱり遥さんだった。

そして、西園さん・・・・・
第一声で分かる、分かるに決まってるだろが!!
音ちんじゃね~か~~。
やばい、この声優陣豪華というレベルじゃね~。

という、七海・あやせ・羽月・茉優の第一印象でした。

なお、主人公の名前が「暁」
さとる と読みます。
彩の頃に続き、同じ字ですが。
今度はあきらではありません。
あれ?なんだろ?
あきらだと違和感あったのに、さとるだとすんなり受け入れられた。
過去に、この名前のキャラをどっかで見た・・・か?


この段階で、一番気になるのはやっぱり茉優。
いや、だって。音ちんだもの。
次いで七海。
となれば、一番手は羽月で。

寮長で生真面目、正義感が強く時代劇が好き。
そんな羽月ではあるが、日常会話から度々下ネタに繋げる。
一件真面目に見えるこんな子が、ムッツリスケベというやつか・・・。

友達から恋人になり、ちゃんとHもして。
仕事柄、非合法な事をせねばならない主人公だが。
そこを羽月に見つかってしまい。
羽月の性格的に、これはもう破局かと思いきや。
それ以上に、曲げられない誓いがあって。

クライマックスでは、敵の力の前に近づくことすら出来ない主人公の代わりに。
超力業で、強引に収めてしまう強い彼女でした。

遥さんがツイートしてた通り、こんなとこまで時代劇かよ!
な部分が面白かった。


二人目に千咲。
いわゆるロリ枠。
サブ扱いなので、シナリオ量は少なめ。
でも、ちゃんとストーリーがあって楽しめた。
先輩呼びキャラでもある。


次は・・やっぱ七海か。
妹だから年下、つまり胸は控えめ。
だいたいはこのパターンなのだが。
今回は、あやせがアレだから。
その分、七海は大きめになっています。

ずっと前から、お兄ちゃんのことが好きで。
でも、その気持ちに蓋をし続けてきたけど。
仕事中の事故で、主人公が怪我を負い。
それを機に、気持ちを抑えられなくなり。
ついに告白。

最初は困惑したものの、自分の気持ちに気付いた主人公。
七海のことを受け入れる。
(これって、最初っから相思相愛じゃね・・?)

相棒として、恋人として。
順調に仕事を重ねてきた二人だが。
政治が絡んできて、特班の機能がマヒしてしまう。
孤立無援な状態で、生徒が拉致される計画を知る。

二人だけでは、どうやっても防ぎきれない。
そこで、仲間達に協力を申し出る。
詳細は明かせないままに。
こんな条件にも関わらず、力を貸してくれるみんなに感謝。

協力して、マフィア達を捕らえていき。
最後の一人を取り逃がすも、追い掛けて確保。
危ない場面もあるが、七海がくれたお守りのおかげで助かる。
これにて、一件落着。


続いて茉優先輩。
しっかりしてて、包容力のあるお姉さん。
3歳も年上だということを、ひたすら気にする一面も。

学園内に個室を持ち、研究を行っているため。
セキュリティの甘さ故、特班に狙われる。
優しくしてもらっているのに、裏切っていることに罪悪感を覚える主人公。
そんな中、自分の入室ログから侵入者に気がつく茉優。
そして、罠をしかける。

まんまと罠に引っかかり、正体がバレる主人公。
そのステルス装備を見て、取引を持ちかける茉優。
二人の間に、駆け引きが繰り広げられる・・・のだが。
そのやり取りが、間抜けすぎる。
そのおかげで、本来ならあり得ないゆる~い空気に。

そして、茉優に対して誠実でありたいと思う主人公は。
取引を打ち切り、学園に報告でも何でもすればいいと。
すると、茉優は無条件で全てのことを教えてくれた。
もう、離ればなれになるのは嫌だと。

それに対し、主人公も自らの身分を明かし。
秘密の共有から、お互いに想い合っているとなり。
恋人となる。

アストラル能力を暴走させた子がいて。
その子を助けるために、二人で協力する流れに。
助手と言って、あちこちでイチャイチャする二人。
このスタイルで、この声で、甘えてくるお姉さんとか。
破壊力ありすぎです。

二人で協力して、暴走を抑える装置を開発。
茉優が留年してでも待った、親友の目覚め。
止まっていた時間が、ようやく動き出す。
そして春、一足先に卒業する茉優を、必ず後から追い掛けると。
決意を秘めて、猛勉強に励む主人公。
茉優のためなら、なんだって出来る!


最後に、あやせ。
みんなの前では、パーフェクトな姿でいるのに。
主人公と二人きりになる学生会室では、すっごいダラけっぷり。
時折見せる、ダークな一面もあったり。

でも、そういういろいろな面を。
素顔を見せてくれるのは、魅力である。
自然と二人は惹かれ合い。
二人同時に、ぽろっと告白紛いなことを呟いてしまう。

あやせは誤魔化そうとするが、主人公が押し切って恋人に。
なんだかんだと言っても、そこは惚れた者負け。
つまり、どっちも負けている。

ストーリーの大筋は、暴走した子を治すという茉優と同じもの。
ただ、あやせの方は大元の原因の解決が主。
最後の黒幕が、まさか・・・ な展開。
危機一髪な状況も、二人の力を合わせて解決。

足りなかったデータを入手し、薬の製作にも取りかかり。
1年をかけて、ようやく暴走した子を目覚めさせることが出来た。
めでたしめでたし。



これにて、RIDDLE JOKER終了です。
最初にパッケージ見た時、これと言って惹かれる子はいなかったけど。
七海、そして茉優が良い感じだった。
あやせだって、別に悪いとは言わないよ、うん。

ゆずソフトは、やっててあちこちに「ああ~ゆずだな~」って箇所あるけど。
一番思うのは、安心して見ていられるって点かな。
どんな困難でも、危機的状況でも。
最後はバッチリ解決して、ハッピーエンド。
誰かが死んだり、後味の悪い終わり方とかしない。

サガプラもminoriも、これやっちゃったから。
オーガストでさえ、ユースティアでやってるから。
普通に、綺麗に終わってくれるのが好き。


ところで、気になったのが声優の使い方。
いや、確かにキャラと合ってるよ?
そこに文句なんてないよ?
でも、過去作を振り返ってみると。

~桐谷さん
真咲・寧々・レナ・あやせ

~遥さん
めぐる・芳乃・羽月

もっと昔ので言えば、夏野さんや青葉さんあたり。
同一ブランドで、何回も出ている人って割といる。
探せばホントいる。

昔、ペロさんが言ってたな~。
この業界、演技がうまい声優さんは、限られているからと。

仕方ないと、割り切るしかないかな。
この流れだと、次回作のセンターヒロインに遥さん。
そして桐谷さんもいる、そんな未来が見えてしまうのが・・・・・

音ちんや、小鳥居さん、北見さんなら大歓迎なんだが。



気になったんだが。
あやせや、特に七海の帽子。
あの大きさだと、頭の上に乗っているだけだよね?
ちょっと首かしげるだけで、落ちてしまうと思うんだが。
七海は、任務中どうしているのだろうか??

あ、いつも通り。
こもわた先生のSDキャラ、可愛すぎます!


茉優≧七海>あやせ>羽月>千咲

紙の上の魔法使い

まず最初に。
モテヤバが終わって、次の3月発売物まで少しだけ期間がある。
どうしたものか・・・

よし、まったく期待してないアレにしよう。
30日になったら、適当な所で中断して移行。
うん、この方針でいこう。

そうしてやり始めたのが、この「紙の上の魔法使い」
2014.12.19発売。 ウグイスカグラ処女作。
3年以上前だし、サクっと終わらせられるかも?

と思っていた。
はい、思っていたんですよ。

・・・・・・

心から、お詫びします。

これは、そこらに転がってる駄作とは、完全に一線を画す代物でした。
ミステリーとサスペンスと。
まったく予想の出来ない出来事の連続。
数々の伏線達。
謎だらけの状況でも、前に進むしか道は無く。
例え、どんなに絶望的な事が起きても。

そして、終盤になって明かされる、驚愕の事実達。
回収される伏線。
暗躍する、紙の上の魔法使い。


久々に、のめり込んで進めてしまいました。
・・いや、ちょっと前にもありましたね。
彩の頃が。

3月25日開始、4月03日終了。
ちょうど10日間です。
けっこうガツガツ進めたつもりですが、これだけかかった。
内容が、本当に充実していた。
共通部が、えらく長かったね。

逆に、個別に入ってからはえらく短い。
特に理央と妃。
しかも、ラストが救いが無い。

夜子でさえ、用意された甘い夢物語を歩むだけで。
本当の幸せは、かなたルートの最後にあった。

物語として、ちゃんと理解するためにも。
理央、妃、夜子、かなた の順番が理想。

良いと思ったのが、CGの枚数の多さ。
それも、普通の何気ない物から深刻な場面まで。
どれも、ちゃんと服を着ているのです。下からパンツとか見えてないのです!

最近のって、ローアングルで「とりあえず見せておけばいいだろ」
的なのが多すぎて。
そういうのは、本番であればいいんだよ!

また、原画家の力があるのか。
立ち絵とCGの違和感も、ほとんど無かったのが良い!
桐葉先生か。カグラでの原画が主か・・。

驚いたのが。
オープニングも、エンディングすらも存在しないという点。
だから、スタッフロールも無く。
声優さん照合が出来ない。

おそらく、CGやシナリオ、尺の長さに割り振った分。
この辺を削ったんじゃないかと・・・。
しかし、両方無いってのは他に見たこと無い。
同人ゲームでさえ、入れるのが普通だから。
思い切ったこと、したもんだ。


改めて、公式ページで声優照合。
橘さん、御苑生さん、花澤さんとか。
豪華ですね!!
小倉さんは、一発で分かった。
ほのかのイメージが強いけど、ここまで悪役に徹すると一変する。
声優さんって、凄いよな~。

というわけで。
中断するどころか、最後まで一気に走りきりました。
すごく楽しめました。
各エンドは、ハッピーとはとても言えない物だったけど。
最後までやりきった時の、充足感が半端ない。

夜子は、徹頭徹尾ツンケンしてて「大嫌いっ」が口癖だったけど。
最後に素直になって告白する様は、メインヒロインに相応しい魅力満載の女の子だった。

それ以上に。
かなたの前向きさ、一途さ、心の強さ。
この子に、終始助けられ続けるお話だった。
最初、ぐいぐい来る様子に辟易してたはずが。
いつの間にか、この子がいないとか考えられなくなっていて。
「かなたちゃん、かわいい~」ってよく自画自賛するけど。
うん、間違ってはいなかった。


かなた>>夜子≧理央>妃



で、これで終わっていればかなりの高評価なんだけど・・・

シナリオ、絵、声優、どれも文句無いんだけど・・・


誤字脱字が、酷すぎる!!
修正パッチが2回出てて、それを当てたにも関わらず。
まだまだありますあります。

パッチ当てる前なんて、かなたの制服と私服がポーズごとに入れ替わる現象も。
いやいやいや、それはおかしすぎるでしょう。

まるで、完成させる時にテストプレイをまったくしていないかのよう。
金恋も酷かったけど、これはそれ以上。
せっかくの名作が、泣いているよ。


他の人のレビュー見ても、シナリオは良いけど誤字脱字が・・
って感じ。

ウグイスカグラは、1年前に水葬銀貨のイストリアを発売してる。
こっちも、レビュー見ると同じような傾向だ。
興味はあるけど、キャラ絵の感じが少し違う・・

同じ原画家さんでも、これあるからな~。
いつか、気が向いたらやるのかも?

今は、とりあえず積みを崩していかないと。
この3月物で、4本も買ってしまったし。

妹のおかげでモテすぎてヤバい。

HULOTTE作品第二弾、2013年11月発売。
HULOTTEってブランド、聞いたこと無かったけど。
ヤバいシリーズは、ちょっとだけ知ってた。

DMMで、2016年秋に割引セールをやっていたので、DL購入。
いつもの半額セールだったら、たぶん買わなかった。
なんせ、あの時は「ヤバい」にかけての「881」円だったから。
いやいや、その価格自体ヤバすぎるでしょう。

こいあまに続き、あまり重要視してないのってことで、これ。
最初に、データをDLしようとして。
容量がえらく少ないのにビックリした。
2GBちょっとって、マジかよ?!
とな恋FDですら、3.6GBあるんだけど?
生命のスペアで1.7GB。
これ、フルプライス作品・・だよな?
2013年物だと、こんなもんなのか・・・・

ジャンル
目的の女の子以外は眼中になし!
振って!振って!振りまくる!ADV

え?そうなの?
鬼畜ゲー?

話の流れは。
冴えない男子学生だった主人公が、道ばたで遭遇した女の子に一目惚れ。
その子と同じ学園に通いたくて、近づきたくて。
妹に猛特訓してもらい、イケメンに生まれ変わる。
それでも、自信が持てないからと。
神社の巫女でもある妹に、将来の縁を犠牲にして今モテる術をかけてもらう。

結果
なぜか、本命の子には術の効果が出ず。
他の女の子達に迫られまくる。
そんなお話。

順番に告白してくる女の子に。
受け入れるor断る
受け入れれば、その子のルートへ。
全部断れば、本命の叶ルートへ。

叶ルートが終わると、メグリルート発生。
それが終わると、最後の結莉夏と紗理奈が出て来ます。
ただし、これはサブ扱いなのでめっさ短い。

どの子も、それなりの話があるんだけど。
ぶっちゃけ、全部「術」が悪影響を出してて。
それを解決して、ハッピーエンドって形。

つまり、術に頼らずに叶一筋を貫く。
または、美也の想いに気付いて結ばれる。
このどっちかで、主人公幸せになれたじゃん。
それを、術をつかったせいでいろいろややこしくなる。
(そうしないと、お話として成立しないんだが)


特筆して、ここが良かったと言える点が・・・
紗理奈先生は、大人の魅力満載で良かったけど。

キャラ絵として、悪いとは言わないけども。
好みとは、若干ズレてる感じ。

声優さんは、知ってる名前がちらほらあるけど。
遥さん、めっさ分かりやすくなった。

あ、こいあまから1ヶ月近く経っていますが。
そのうちの半分以上は、艦これ冬イベントとアニメ消化です。
もうちょい早く、終わらせたかった~。



「トキ」を「メグリ」て結ばれた二人。
これ、影のメインヒロインはメグリってことか??

恋ニ、甘味ヲソエテ

正直、どれをやっても可哀想な気がして。
なんせ、彩の頃の後だから・・・

あれクラスの面白いのって、そうそう巡り会えない。
ぱっと思い浮かぶのは・・「こいそら」くらいかな~?

なので、ここはシナリオ度外視して。
かわいさだけを追求した作品、ということで。
こちらになりました。

同人ソフト「恋ニ、甘味ヲソエテ」。
CANVAS+GARDENが送る、看板娘達が出てくるお話です。

昔から、宮坂みゆ先生の絵は大好きで。
特に、お気に入りの子は莉奈ちゃん。
2017年の冬コミで、同人ゲームが出ると聞いて。
これはもう、買うしかないじゃないかと!

残念なことに、今作に莉奈ちゃんは出てこず。
りらちゃんとりしぇちゃんが、メインのようです。
でも、かわいいから許す!


主人公の祖母が経営してた喫茶店があるが。
体調を崩し、今は休業中。
そこへ引っ越してきた主人公が、りら・りしぇ、智里さんと協力し。
喫茶店を復活させる物語。

それぞれがアイディアを出し、一致団結して頑張るのは気持ちいい。
でも、飲食店を立て直すお話って、他にけっこうあるけど。
ここまで順調に事が運ぶのは、見たこと無い。
喫茶店経営をなめすぎな気もするが・・・
そこはそれ、ゲームだから。

りら、りしぇ共に、恋仲になるためのちょっとしたトラブルはあるが。
乗り越えた事がきっかけで、恋人になって。
二人仲良く、喫茶店を盛り上げて行こう。 って形で締め。

18禁だと、おまけが出現して。
そこでシーンが2つずつ見られます。

DL版の、全年齢対象だと2000円
18歳以上対象だと2500円。
パッケージ版だと3000円。

ですが

冬コミで、こいあまセットで購入したので、3500円です。
一般的なソフトと比べると、半額ちょい下くらい。
ヒロイン2名だから、こんなもんかな~?

と思いきや、シナリオの短さで言えばFDクラスにちょっと足したくらい。
やっぱ、同人だとこれくらいになっちゃうか。


安く済ませたいなら、絶対DL版になるけど。
今回は、これで良かったと思う。
りらもりしぇも可愛かったし。

パッケージで持ってるって、なんか「ちゃんと買った」感があるんだよね。



ところで。
CANVAS+GARDEN作品だから、原画家はもちろん宮坂みゆ先生・なこ先生だけど。
なこ先生担当って、ころんちゃんだけだよね。
他のキャラ全員、みゆ先生が書いているし。
スタッフロール見ても、みゆ先生はあちこちに名前あるけど、なこ先生は・・・

普段の売り上げ的に、みゆ先生重視にしたのか。
もうちょい、なこ先生に割り振ってもよかったのでは?
プロフィール

双竜

Author:双竜
オーガストとサガプラとminoriが好きなただのヲタ

榊原ゆいさんを、全力で応援中!!

ゲームの日記は、盛大にネタバレしてますのでご注意を

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
◇母性カノジョ 『母性カノジョ』を応援しています!

◇あくまで、これは~の物語 『あくまで、これは~の物語』を応援しています!

◇君とつながる恋フラグ みらーじゅそふと『君とつながる恋フラグ』情報公開中!

◇フルウソ 『フルウソ -Complete Four Seasons-』2018年2月23日発売!

◇ロスト・エコーズ 【ロスト・エコーズ】情報ページ公開中!

◇千*フロ合同キャンペーン 千*フロ合同キャンペーン開催中!

◇フローラル・フローラブ
フローラル・フローラブ応援中!

◇花咲ワークスプリング! 花咲ワークスプリング!応援中!

◇ソレヨリノ前奏詩 ソレヨリノ前奏詩

◇はるるみなもに! 【はるるみなもに!】情報ページ公開中!

◇星恋*ティンクル きゃべつそふと第一弾「星恋*ティンクル」応援中!

◇枯れない世界と終わる花 枯れない世界と終わる花

◇サクラノ詩 【サクラノ詩】応援中!

◇見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS 見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS 2016.5.27 First light!

◇見上げてごらん、夜空の星を 見上げてごらん、夜空の星を 2015.12.18 First light!

◇大図書館の羊飼い 『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

◇大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-
『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。

◇ピュア×コネクト ピュア×コネクト

◇桜舞う乙女のロンド 「桜舞う乙女のロンド」2013年11月29日発売予定

◇カルマルカ*サークル 「カルマルカ*サークル」応援中!

◇PRETTY×CATION 『PRETTY×CATION』を応援しています!

◇キスアト 戯画「キスアト」応援中!

◇学☆王- It’s Heartful Days - 学☆王- It’s Heartful Days - 応援中!

◇学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!

◇ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana 『ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana』応援中です!

検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。